足元がタイトになり気が引き締まるとともに移動性がアップ。
庭師の伝統衣装「脚絆」を着こなそう。

庭師の衣装の中でも特にご質問が多い「脚絆の着方・付け方」を当ページでは解説します。主なチェックポイントは、短い方の紐をきっちりと穴に通すこと、短い紐の留め方、長い紐の留め方です。ポイントを詳細に解説するために、この「脚絆の着かたの解説」ページだけは、かなり長くなっていますが、ご了承ください。

庭師衣装、「脚絆」の着かた

  1. 1正しい向きで脚絆を持つ ■チェックポイント ・長い紐は体の外側
    ■解説 左足用は、脚絆の内側を見せて置くと、左側に長い紐が来る。 右脚用は右側に長い紐。長い紐が左右どちらについているかで、 脚絆の左右どちら用かがわかります。

    正しい向きで脚絆を持つ
  2. 2スネとふくらはぎに脚絆を巻き付ける ■チェックポイント ・脚絆の合わせ目がふくらはぎ側に来る ■解説 足首から上に脚絆を巻きつけます。 その際には、脚絆の中心がスネ側に、 こはぜがふくらはぎ側にくるようにします。

    スネとふくらはぎに脚絆を巻き付ける
  3. 3こはぜを掛ける ■チェックポイント ・遊びが少なくなるようにこはぜを掛ける ■解説 こはぜを掛ける紐は二列になっています。遊びが少なく、かつ締めすぎない位置で掛けてください。脚絆を何度も着用していると、どれくらいの締め具合が心地よいか分かってきます。 ■写真の撮影方向 足の内側から

    こはぜを掛ける
  4. 4穴を見つける ■チェックポイント ・穴の場所は体外側 ■解説 ここまで正しく装着をすすめていると、穴はふくらはぎのやや外側に来ているはずです。 ■写真の撮影方向 体の外側から

    穴を見つける
  5. 5短い紐を穴に通す ■チェックポイント ・ここで脚絆をしっかり引き上げる ■解説 短い紐(着用時に体の内側にある紐)を持ち、先ほど確認した穴に脚絆の内側から外側に向けて紐を通します。ここでしっかりと脚絆を引き上げ、しわを伸ばし、長い紐、短い紐両方をぴっぱります。締め加減には好みがございますので、お客様それぞれの好みの締め具合をみつけてください。

    短い紐を穴に通す
  6. 7長い紐で短い紐を留める ■チェックポイント ・短い紐から手をはなしてもゆるまないように、長い紐でころす ■解説 短い紐の上から、手を放してゆるまないように、長い紐で押さえます。

    両方の紐を持つ
  7. 8紐がゆるまないように再度ころす ■チェックポイント ・短い紐の余りは約3〜5cm ■解説 各所にゆるみがないようにご注意ください。

    長い紐で短い紐を留める
  8. 9長い紐を留める ■チェックポイント ・紐は下から上に ■解説 ゆるまないように回してきた長い紐を、長い紐の起点のところで下から上に、2週している長い紐の一番内側から通します。紐の長さには商品個体差がございますので、長い場合は、長い分をたたんで織り込んでください。

    長い紐をさらに一周回して短い紐を留める
お気に入りリストに登録しました。 お気に入りから削除しました。
お気に入りリストはコチラ ×
>