ポケットに道具や資材を詰め込める便利さ。
庭師の伝統衣装「腹掛」を着こなそう。

「腹掛の着方・付け方」を当ページでは解説します。主なチェックポイントは、最初に右と左の肩掛けで輪を作って頭を通すこと。腰紐の結び目は腹の前に作り、前掛で隠すことです。

庭師衣装「腹掛」の着かた

  1. 1正しい向きで腹掛を持つ ■チェックポイント ・サイズがついている側が裏側
    ■解説 サイズタグがついている方を裏側にして、肩紐の部分を持ちます。写真のようにあらかじめ左右の肩紐に指を引っかけて輪を作って持つと素早く着用できます。

    正しい向きで腹掛を持つ
  2. 2頭を通す ■チェックポイント ・左右の肩紐と交差部分の間の輪に頭を通す
    ■解説 右の脇下に伸びる左の肩紐と左の脇下に伸びる右の肩紐の交差部分が背中に来るように輪を作って頭を通します。

    頭を通す
  3. 3脇の輪に腕を通す ■チェックポイント ・左右の順序は特になし
    ■解説 左の肩紐の下に左腕を、右の肩紐の下に右腕をそれぞれ通します。左右の順序は特にありません。

    脇の輪に腕を通す
  4. 4左右の腰紐を後ろに回して交差させる ■チェックポイント ・左右の腰紐を後ろで交差
    ■解説 右の腰紐は背面を通過させて左側へ、左の腰紐は背面を通過させて右側へ。それぞれの腰紐を腰の後ろで交差させて、逆側の手に渡します。

    左右の腰紐を後ろに回して交差させる
  5. 5交差させた腰紐を前に持ってきて結ぶ ■チェックポイント ・最終的な結び目の位置は肌着と接する場所
    ・前掛けの上で結んでから最後に前掛を結び目から抜き上げて垂らしても、最初から前掛けを持ち上げて結んでから垂らしても、どちらもOK
    ・結び方は普通の蝶々結びでOK
    ■解説 左右の手に持っている腰紐を腹の前で結びます。着用後は最終的に内側から体→肌着→腹掛の結び目→腹掛の前掛の順序で並びますが、結ぶ時点では前掛の上から結んでも、前掛を持ち上げて結んでも、どちらでも構いません。

    交差させた腰紐を前に持ってきて結ぶ
  6. 6前掛けを正しい位置に垂らして着用完了 ■チェックポイント ・左右対称で遊びが少ないか確認
    ■解説 脇や胴体の締め付けが適正かどうか最後にチェックして、前掛を垂らせば着衣完了です。

    前掛けを正しい位置に垂らして着用完了
お気に入りリストに登録しました。 お気に入りから削除しました。
お気に入りリストはコチラ ×
>