我らがトレードマーク。地下足袋なしに現場はない。
庭師の伝統衣装「地下足袋」を着こなそう。

「地下足袋の履き方」を当ページでは解説します。主なチェックポイントは、こはぜをきっちりと足の太さに合わせて引っ掛けることです。最適なサイズの地下足袋を購入することで、作業効率は格段に向上します。

庭師衣装「地下足袋」の着かた

  1. 1左右を間違えないように地下足袋を持つ ■チェックポイント ・親指の部分を見て左右を確認
    ■解説 履きやすい態勢になって、左右どちらでも好みの方の地下足袋を持ちます。

    左右を間違えないように地下足袋を持つ
  2. 2手で引っ張り上げながら履く ■チェックポイント ・足底を意識してグッと引っ張り上げて履く
    ・足首から下はこの手順で着用完了
    ■解説 地下足袋の上部を持ってグッと引っ張り上げながら、しっかり地下足袋を履きます。足の裏全体にしっかりと履けた感覚があるまで引き上げます。

    手で引っ張り上げながら履く
  3. 3こはぜを引っ掛ける ■チェックポイント ・足の太さに合わせてこはぜを引っ掛ける
    ■解説 きねやの地下足袋の場合、こはぜを引っ掛ける紐が二列になっていて、足の太さに合わせてこはぜを引っ掛ける場所を変えることができます。

    こはぜを引っ掛ける
  4. 4着用完了 ■チェックポイント ・遊びが少ないか確認
    ■解説 こはぜは遊びを少なめに引っ掛けることで、素足に似た感覚で動けるようになります。

    着用完了
お気に入りリストに登録しました。 お気に入りから削除しました。
お気に入りリストはコチラ ×
>