乗馬もいいけど、伝統の股引もまた素晴らしい。
庭師の伝統衣装「股引」を着こなそう。

特にご質問が多い「股引の着方・履き方」を当ページでは解説します。主なチェックポイントは、一方の腰紐を正面の穴に通す部分と、いかに美しく背面の形状を作るかです。慣れれば、簡単です。

庭師衣装「股引」の着かた

  1. 1正しい向きで股引を持つ ■チェックポイント ・サイズがついている側が前
    ・長い紐は右手、短い紐は左手
    ■解説 サイズタグがついている方を前にして、長い紐を右手に、短い紐を左手に持ちます。慣れるまでは、紐を持つ手が間違っていないか見比べてみましょう。

    正しい向きで股引を持つ
  2. 2足を入れる ■チェックポイント ・どちら側の足から履いてもかまいません
    ■解説 向きが間違えていないかチェックして、足を通します。足首まできっちりと履いてください。

    足を入れる
  3. 3全体を引き上げる ■チェックポイント ・ウエスト部分の左右を持ちグッと引き上げます
    ■解説 紐の付け根ではなく、将来的に腰骨の前に来る部分を持ち、全体を引き上げます。持つ場所は何度か履くことで覚えることができます。

    全体を引き上げる
  4. 4右半分を着用 ■チェックポイント ・右手でウエストの前の部分を持って固定
    ・左手で右側の紐を後ろから持ってくる
    ・右の紐と連動して尻を包む部分を着用
    ■解説 右手でウエストの前の部分を持って中心を固定します。余っている左手で右側の紐を後ろから持ってきます。連動して生地部分がついてくるので、尻をすっぽりと包み込むように形を作ります。

    右半分を着用
  5. 5もってきた紐を前方のあわせに通す ■チェックポイント ・前方の穴に手順その4で持ってきた紐を通す
    ■解説 股の前方部分に切れ込みがあるので、その穴に左側まで持ってきた右側の紐をさらに前まで持ってきて通します。ポイントとしては、固定していた右手をはなして穴に右手を突っ込み、紐を受けとって引っ張ると手早くこの手順をクリアできます。

    持ってきた紐を前方のあわせに通す
  6. 6左半分を着用 ■チェックポイント ・左手でさきほど通した紐を固定
    ・右手で左側の紐を後ろから持ってくる
    ・左の紐と連動して尻を包む部分を着用
    ■解説 左手で前のあわせ(穴)を通した紐を持ち全体を固定し、余った右手で左側の紐を後ろから回してきます。手順その4と同じく、尻を包む生地が同時についてくるので、尻の形状も同時に形づくります。

    左半分を着用
  7. 7紐を結んで着用完了 ■チェックポイント ・右腰付近で紐を結ぶ(蝶々結びでOK)
    ■解説 左手に持っている紐と、右手で持っている回してきた紐を結びます。一般的な蝶々結びで構いません。あまり遊びは作らず、少々きつめに結ぶと粋な着こなしになります。

    紐を結んで着用完了
お気に入りリストに登録しました。 お気に入りから削除しました。
お気に入りリストはコチラ ×
>