庭師の乗馬ズボンをお求めなら【KYOUENstore】で〜なぜ庭師は乗馬ズボンを選ぶのか〜

庭師の作業着から衣装へ。乗馬ズボンをお探しなら【KYOUENstore】で!

庭師の作業着から衣装へ。乗馬ズボンをお探しなら【KYOUENstore】で!

庭師のための乗馬ズボンをお探しでしたら、カラーやサイズも選べる【KYOUENstore】の通販をご利用ください。サージ生地・ストレッチ生地・ポリエステル生地など様々なタイプの乗馬ズボンをご用意しています。

もともとは、定番の国産サージ生地(ネイビーとグレー)と、よりリーズナブルな中国製のポリエステル生地のみの取り扱いだけでしたが、現場の庭師や植木屋として働く方々の声を反映して、そのラインナップは増えていきました。

「膝のあて布の縫い糸が切れやすい」とか「こんな色がほしい」とか、そういった現場の声に応え続け、まだまだ商品展開していく予定です。

仕事の完成物だけでなく、庭師自身がお客様から「カッコ良いね」と見ていただく。庭師の皆様が気持ちよく仕事をするための乗馬ズボンが、作業着から衣装と呼ばれることを願って、【KYOUENstore】はこだわり続けていきます。

なぜ庭師は乗馬ズボンを選ぶのか

なぜ庭師は乗馬ズボンを選ぶのか

その一番の理由は、やはり動きやすさだと思います。脚立や木に登ったり、しゃがんだり、日々の作業の中でとにかく膝の曲げ伸ばしの多い庭師。乗馬ズボンはその形や膝裏のあて布など、庭師の動きに最適なつくりになっているからこそ、庭師に選ばれ続けるのではないでしょうか。

乗馬ズボンは軍服がルーツで、戦後、その動きやすさと丈夫さから作業着として定着したと言われています。もともと様々な業種で作業着として履かれていましたが、他業種と違い、長い年月を経ても庭師が乗馬ズボンを履き続けているのは、庭師に最適であるということの裏付けでしょう。

乗馬ズボンを履いて脚絆を付ければ、膝から腿にかけてゆとりが増し、汗をかいても膝が引っかかったり生地が張り付いたりしづらくなります。脚絆は脹脛に圧をかけるので、疲労がたまりにくくなります。その脚絆を付ける上でも、脹脛部分が細くなっている乗馬ズボンの形状が適しています。機能性に加え、見た目の上でも乗馬ズボンと脚絆の組み合わせは、庭師に最もおすすめするスタイルです。

余談になりますが、サージ生地の乗馬ズボンはその特性上、毛玉ができやすいです。洗濯する際はタオルなど繊維の出やすいものと一緒に洗うことを避け、洗濯ネットに入れて洗うことをおすすめします。

乗馬ズボンを購入するなら【KYOUENstore】へ

会 社 名 有限会社 京苑
代 表 者 鈴木 北斗
創 業 1971年8月1日
設 立 1987年12月1日
資 本 金 500万円
住 所 〒989-0701 宮城県刈田郡蔵王町宮字古川105
T E L (0224) 32-2172
F A X (0224) 32-2174
取引銀行 七十七銀行 白石支店
ホームページURL https://www.kyouenstore.jp/
お気に入りリストに登録しました。 お気に入りから削除しました。
お気に入りリストはコチラ ×
>